サポート食によるダイエット

ダイエットとお酒の関係

ダイエットとお酒について

 

お酒好きの方や仕事のつきあいでお酒を飲むことが多いのであれば、こういったことがダイエットの妨げになることもあるでしょう。
お酒はカロリーが高いという問題だけではなく、お酒に食欲増進作用があることもネックとなります。
しかし、お酒が飲みたいのに無理我慢したり、仕事の付き合いや交際を断り続けることは決して良いこととは言えません。
口コミを見ても、お酒がダイエット時のストレスを軽減するために役立つという人も多くなっています。
カクテルは糖質が多いため、ダイエット中は良くないという一般論に対してたくさんの反論が投稿されています。
ビールや焼酎などは何杯も飲んでしまいがちですが、カクテルは1杯をじっくり時間かけて楽しむこともできます。
それに、カクテルの方がおつまみの量が少なくなることが多いため、トータルで考えるとカクテルの方が摂取カロリーを抑えられるのです。
お酒の種類でカロリーを比較した方からも、数多くの口コミが投稿されています。
一般論では、日本酒、ビール、ワインといった醸造酒は高カロリーで、焼酎、ウイスキー、ブランデー、ジンなど蒸留酒は低カロリーと言われています。
蒸留酒は、摂取したアルコールのカロリーのみになりますが、醸造酒の場合、アルコールのカロリーに、炭水化物、糖質、タンパク質のカロリーも加わります。
しかし、お酒を飲むことで体温が上がると、カロリーの消費量もアップすると言った説も存在します。
そうなると、アルコール分のカロリーは体内に蓄積しにくく、醸造酒がダイエットに良くないとは言い切れません。
おつまみの内容と量に注意し、適度にお酒を飲むのであれば、ダイエットを妨げずに済むかもしれないのです。